Ninja250r買取【高額査定の業者はこちら!】

Ninja250r買取【高額査定の業者はこちら!】Ninja250rを売却するなら高額査定の業者を選ぶこと!買い叩かれる事が当たり前の出張査定で、高額買取して貰うのに有効な方法があります。まずはバイク販売店よりもバイク買取業者それも大手数社

Ninja250R買取

Ninja250rの残した功績 - Ninja250R 買取

2017年02月04日 15時53分

カワサキNinja250rは本当に歴史的な偉業を遂げたバイクです。

カワサキNinja250rを売却する時の査定額について。
2008年カワサキが夜に放った1本の矢Ninja250rが世界を変えました。

250cc並列2気筒フルカウルスポーツモデル、当時の新車価格は他車の人気BIGスクーターより20万円も安いという、驚きで、一気に世に広がりました。
当時世の中の若者の好みは、キムタクのTW、トラッカー系からビックスクーターに変わっていましたが、2006年6月、駐車監視員制度が発足、警察官以外の駐車監視員でも取締が可能になり、これまで警察に見つからなければ、バイクを停めていた人も、歩きや自転車で裏道まで細かく周り、駐車違反を取り締まる事になり、都会の道路からバイクが一斉に消えました。

本当に、1年足らずで町からバイクが消えました。
これは、東京では自転車も停めるスペースが無いアパート、マンションが多く、当時路上駐車していた物が、切符を切られるので、耐えられなくなって売却、ビッグスクーターが中古車市場に溢れました。

この流れと、とは言え深夜まで仕事がある人は電車が無いため、自転車で通えない、交通機関が上手く機能しない場所で仕事をする人は、125ccに目を付けました。

それまでマイナーな原付二種の125ccスクーターは飛ぶように売れました。
「アドレス、シグナスに乗りたいから原付二種を取る」と変わる事に。
そんな部分も有った時代背景の中、ニンジャは発売されました。

カワサキNinja250rの登場は、レーサーレプリカ全盛期に発売された同じカワサキ車のゼファーと良く似ていて、発売当時は賛否両論有っても、「ユーザーが求めている物は売れる」という事が分かりました。
このゼファーも当時のレーサーレプリカよりも20万円安かったです。
>>Ninja250Rを高く売りたいですか?<<
ninja250rkaitori3.jpg